EU RP - 責任者
EU RP - EU責任者の義務

EU化粧品の責任者 - EU Responsible Person:役割と規制の理解 責任者は、化粧品がEUの枠組みによって確立された厳格な安全性と規制基準に沿っていることを保証するための主要な窓口として機能する重要な人 […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
EUにおける化粧品の訴求

化粧品における訴求とは、製品ラベルや広告物に記載される様々な情報、表示、形容詞を指す。これらの要素は、化粧品を定義し、その特性、品質、効果についてエンドユーザーに知らせる上で極めて重要です。消費者の生活におけるこれらの製 […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
フランスのコンシューマー製品に関する表示と包装の規制

フランスの消費財に関する表示と包装の要件 循環型経済と製品の持続可能性に焦点を当てたEUの今後の施策に合わせるため、フランスは最近、新たな環境ラベル規制を導入しました。この規制は、特に廃棄物発生の原因となるコンシューマー […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
化粧品における規制遵守とは何か?

欧州とイギリスにおける化粧品の適合条件とは? EC規則1223/2009 およびその後の改正は、消費者の健康保護を確保し、適切な情報を提供するために、化粧品が満たすべき要件を定めています。この規則はまた、化粧品に使用され […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
EU化粧品規則改正: 香料アレルゲンの新しい表示規則

化粧品ラベル上のアレルゲン: EU規制に関する最新情報 昨年、化粧品業界において重要な規制変更が行われました。欧州連合(EU)は、化粧品のラベルに記載しなければならないアレルゲンを、既存の26種類に加えて新たに導入しまし […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
化粧品パッケージ

化粧品の包装に関する安全性 包装は、輸送、流通、保管、最終消費者による製品の最終的な使用のために必要なシステムであり、したがって、安全性を維持し、一定の基準に準拠し製品の納品を保証する手段であると定義することができます。 […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
欧州における化粧品分類:ケーススタディ - Taobe Consulting

ネイルグルーから日焼け止めまで、EU規制における化粧品の分類を見ていきましょう。 欧州における化粧品の分類 EU市場で商品を販売する際、メーカーやブランドオーナーが最初に抱く疑問のひとつに、日本で販売している化粧品製品が […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
CPSR 化粧品安全性報告書

化粧品安全性報告書とは? CPSRとは、Cosmetic Product Safety Reportの略で、欧州やイギリスで化粧品を販売するために必要な一連の規制要件の一部です。具体的には、以下の4つの要素が必要です: […]

続きを読む
EU化粧品規制 1223/2009
EU当局の化粧品検査活動とは?

化粧品規則1223/2009は、特に第22条と第37条で検査活動について取り上げています。第22条は実際の検査プロセスに関するもので、第37条は罰則に関するものです。特筆すべきは、制裁を科す責任は各加盟国にあるということ […]

続きを読む
ラベル規制
欧州における化粧品の製品表示について

EU化粧品規則1223/2009 規則1223/2009は、化粧品の製造と販売に関する具体的な規則を定めたものであり、同規則第19条では化粧品の製品表示の基準について説明されています。本記事では、同規則の製品表示に関する […]

続きを読む