キャンドル、ディフューザー などのEU規制

SDS作成 & CLP監修

GHS対応のSDS作成後、SDSの情報をもとにCLPラベルを監修します。

欧州ポイズンセンター(PCN) 届け出

欧州では、有害性のある混合物の届け出が義務付けられています。

提出された情報は各加盟国の毒物センター等に提供されるため、これらの製品によって事故が起きたときに、毒物センターから医療情報等必要な情報が得られるシステムになっています。

弊社にて対応可能なフレグランス商品

キャンドル、ディフューザー、ルームスプレイ,  エアフレッシュナー, カーフレグランス, カーペットフレッシュナー、その他

キャンドル、ディフューザー

CLP規則とは

CLP規則とは?
Classification, Labeling and Packaging Regulation
REGULATION (EC) No 1272/2008

CLP規則1272/2008は、物質および混合物の分類、表示および包装に関する規則です。

イギリスを含む欧州 32カ国へキャンドル、ディフューザー、アロマセラピーグッズなどの雑貨を輸出する場合、CLP規則への遵守が必要となります。

一般的にキャンドルやリードディフューザーなどのフレグランス製品には、香りのベースとしてエッセンシャルオイルやフレグランスオイルが使用されています。これらに含まれる成分の多くは、目や皮膚を刺激する物質で、環境にも有害な物質であることが知られています。このため、危険有害性のある混合物とされ、CLPラベルを貼付して販売する必要があります。

消費者の安全を第一に保証し、厳しい罰則を回避するためには、販売を開始する前に、製品の組成、ラベル、専門資料を慎重に評価すること(または評価済みであること)が重要となります。TAOBÉは、これらの法規制において、EU規制への準拠を保証するために、完全なサポートを提供しています。

キャンドルやルームフレグランスの登録については、お気軽にお問い合わせください