現在のEU化粧品規制 1223/2009 は、 

 EU加盟国内だけでなく、 

欧州市場に向けて化粧品販売を行っているEU加盟国外すべてのオンラインショップにも適用されます。販売先が個人消費者の場合も、同規制に準ずる必要があります。

 

 

 

欧州、イギリス進出の夢を叶えませんか?

 

すべて弊社にお任せください

成分チェックからEU向けのPIF作成まで

ワンストップサービスをご提供します

 

5億人もの顧客需要と市場規模10兆円(786億ユーロ)を擁する欧州は、有数の最先端皮膚科学研究拠点が集結する世界最大の化粧品市場です。事業や売上の拡大、グローバル展開を考える上では欠くことのできない欧州は、今後もさらなる市場拡大が見込まれています。

欧州市場で化粧品製品を展開するには「欧州化粧品規制 1223/2009」に基づいた手続きが必要です。この手続きは、欧州へ輸出する製品に関する情報を揃えるところからはじまり、様々な検査・審査を通過したのち、最終的にEU全体の化粧品情報を管理するシステム CPNP へ製品情報を登録することで届け出を行います。

このサイトをご覧の方であれば、配合禁止成分や各種申請項目など、すでにEU化粧品規制(EC 1223/2009)についての情報をお調べかもしれません。 その結果、欧州やイギリスでの販売は非常に難しいとお考えなのではないでしょうか。実際この規則では厳格な要件が設けられており、

 

複雑で難解ゆえに多くのクライアントさまが弊社へ一連の業務を依頼されています。また、自社のみで行うとすれば膨大な労力やコストを費やすことになりますが、専門のコンサルティングサービスを利用することで貴社の業務を効率化することができます。

私たちには実績があります。日々、クライアントさまの製品をヨーロッパに輸出するための許可証の取得をお手伝いしています。また欧州専門のプロフェッショナルとして業界の動向や化粧品ブランドでの厳しい競争を勝ち抜くためのアドバイスもさせていただいており、総合力が当社の強みでもあります。

登録手続きの代行だけにとどまらず、クライアントさまの事業の発展に寄与すること、これはTaobéコンサルティングの永続的なミッションです。

登録は1回、展開は32カ国へ

製品の登録手続きは1回きりで、一度登録されると欧州全土、32カ国へ輸出が可能となります。通常の手続きであればわずか90日で完了し、欧州での展開がはじまります。もしお客様の製品でGMPや MSDSなどの必要書類が取得済みで、必須検査(内容により最長3ヶ月かかるものもあります)も実施済みの場合、さらに大幅な期間短縮も可能です。

て当社が代行

こんなコンサルティングサービスを提供しています

EU, UK販売を実現する当社のサービス内容

配合成分のチェック

製品情報ファイル(PIF)の整備

 

ラベルおよび効能評価の作成

 

EU化粧品情報管理システムへの届け出

EU責任者とUK責任者の設置(EU域内とUKに各拠点を整備)

    

各種検査の実施

各国語翻訳

登録手続きの要件

手続きの流れは?

EU, UK登録は大きく分けて5つのステップ

製品情報ファイル(PIF/Product Information File)の作成

1. 処方レビュー [成分適合性 + 毒性分析] の実施

配合された各原材料がEUの法令に適合しているかどうかを、慎重に分析                   

2. 化粧品安全性報告書 – CPSR の作成 

製品情報ファイルで最も重要な部分。製品に関する全ての資料を収集。化粧品の安全性情報 CPSR-A と安全性評価 CPSR-B を揃える。CPSR-Bを承認・作成できるのは、欧州委員会に認定された審査員のみ。

3. 製品ラベル情報と効能効果の認可

ラベルに記載する情報には詳細な規定があるため、成分と規制に基づきながら記載内容を徹底的に分析。効能・効果の表示はEUでは厳しく規制されているため、慎重な審査が必要。

化粧品情報管理システム(CPNP / SCPN)への届け出

4. 製品情報の提出  –– 製品情報に関する各項目をEU化粧品情報管理システム CPNP (EUの場合は SCPN) に登録。

製品責任者の設置

5. EU内及びUK在住の責任者 –– EU域内とUKに居住する責任者の設置が必要。責任者には、所定の義務が生じる。

 

選ばれるのには理由があります

社を選ぶ12の理由

理由1: 手続きを一括おまかせ

欧州化粧品規制に関するお手続きはすべておまかせ下さい。

欧州で化粧品を販売するにあたり必要となる必須項目は、すべて提供いたします。 EU化粧品法規制の専門コンサルタントとして、貴社の欧州進出を全力でサポートいたします。

理由2: EU, UK拠点責任者の設置が可能

欧州で化粧品を上市するには、拠点責任者の設置が必要です。 当社では、欧州やイギリスでの拠点責任者の代理サービスも提供しています。 規制専門コンサルタントを拠点責任者に指名することで、当局から監査が入ったり消費者からクレームがあった際にも、技術的な対応が可能となります。 また、当社の責任者サービスを利用されれば、現地に事業所を設置するよりも、はるかにコストを削減できます。

理由3: ノウハウが活きる信頼の実績

当社には EU 規制に関する専門のノウハウがあります。 これまでに多くの国の化粧品ブランドやOEMメーカーさまから、特定の分野やご登録の一括オーダーまで様々なご依頼を受け、各企業様のニーズに沿ったサービスを提供し高い評価を頂いています。

理由4: こだわりの5つ星サービス

当社では、すべてのプロジェクトにおいて5つ星サービスを提供することをお約束し、常に満足頂けるサービスを提供できるよう尽力いたします。 当社ならではの丁寧で安心のサポート体制、そして高品質でプロフェッショナルなサービスをお届けいたします。

理由5: 担当コンサルタントがしっかりサポート

当社ではプロジェクトごとに専属のコンサルタントがつき、最初から最後までしっかりとクライアントさまのサポートにあたります。 専属という体制を整えることで、コミュニケーションを通してクライアントさまとの信頼関係を築き、的確にご要望を把握し迅速なレスポンスを実現しています。 欧州の化粧品規則は複雑ですが、商品登録のプロセスが少しでもスムーズになるように全力でサポートいたします。 ご相談があれば、いつでもお気軽にお問合せ頂けます。

理由6: 誠心誠意の安心な料金設定

当社では、妥当な料金設定をモットーとし、クライアントさまとの信頼関係を大切にしています。

当社の料金設定は、競合他社と比較して特別に低価格ではないかもしれませんが、決して高くも

ありません。 その差は、当社が提供するサービス内容にあります。 詳細な各種分析や技術的な文書作成には高度な専門知識を必要とします。 欧州法規則で必須となっている PIF – 製品情報ファイルの最重要項目となる CPSR – 化粧品安全性報告書の作成は、業界最高の欧州認定アセッサーが審査にあたります。 さらに、丁寧かつハイレベルなサービスをご実感いただければ、総合的なコストパフォーマンスの高さにご納得いただけるはずです。

理由7: コミュニケーション第一

EUでの化粧品登録手続きを完了し、クライアントさまが一日でも早く欧州展開を開始できるようサポートを提供することが、私たちのミッションです。 その要となるのがコミュニケーションであり、手続きの早期完了のためにもスピーディーな対応を心がけています。 まずは当社より、欧州化粧品規制の複雑な内容についてわかりやすくご説明いたします。 EU基準に照らし合わせてそれぞれのケースで必要となるものを明確にお客様へお伝えすることで、手続き全体に対しての理解が深まり、結果的に手続きがスムーズに進行すると考えています。 ご登録、そして欧州規制に関するご質問やご不明点があれば、いつでもご遠慮なくご相談下さい。

理由8: 機密情報の適切な管理

商品登録を行うにあたり、提出して頂く機密資料や個人情報は厳重に管理いたします。 当社では、万全なセキュリティを確保するために、独自のプラットフォームを構築しました。 ご契約後、同プラットフォームに、クライアントさまの専用ページをご用意いたします。 提出資料はすべて同システム上にアップロードして頂けます。 また、ご登録完了後も、すべての製品情報へアクセスして頂けます。

理由 9: 高い実績評価が顧客満足の証

当社がお受けするプロジェクトの約4割は、過去に登録手続きのご依頼を頂いたクライアントさまからご用命です。 これらのクライアントさまからは、新製品がリリースされる度に当社のサービスをリピート頂いております。 当社の顧客満足度を支えているのは、当社の 「丁寧さ・誠実さ」、「専門性」、「高品質」 なサービスに加え、欧州での化粧品法規制全般においてのトータルサポート能力です。高いサービス品質を保つために、各プロジェクト終了時には、顧客満足度調査にご協力頂くことがあります。

理由10: 国際的なネットワークと信頼のパートナーシップ

当社は、業界に幅広いネットワークを持ち、様々な分野と協同した取り組みを行っています。 研究所や ISOコンサルタントをお探しになりたい、また欧州以外でも化粧品事業拡大をご検討されている場合には、欧州圏外の規制に精通した規制コンサルタントをご紹介することもできます。

理由11: 基本理念である誠実で真摯な姿勢

化粧品を通して新しい価値と感動を人々に伝え、世界の多様性を尊重したい、こんな想いが当社の企業精神となっています。 私たちは、ドストエフスキーの言うように 「美は世界を救う」 と信じています。 「美」 とは、当社の規範である 「誠実で真摯な姿勢」 のことでもあり、このような理念をもって進み続けるとともに、企業活動を通じて社会の役に立つことで世界をより良いものにしていくことを目指しています。

EU規制の内容は、非常に手厳しく容赦がないように思えるかもしれません。 しかし、欧州がこれほど厳重な規則を定めているのは、流通するものが確実に安心安全であることを確認するためであり、私たちの健康だけでなく、動物や環境を保護するところからきています。

当社の 「公正さと誠実で真摯な姿勢」 には、法令を遵守し社会的責任を果たすという強い決意が込められています。

理由12: クライアントさまは大切なお客様

私たちはクライアントさまを単なる案件の一つとは考えておりません。 一人ひとりのクライアントさまが私たちにとって大切なお客様であり、いかなるケースにも最善を尽くして全力でサポートいたします。 クライアントさまにとって何がベストかを常に考え、最高の成果を実現します。

登録手続きだけにとどまらず、プロフェッショナルな規制パートナーとしてクライアントさまの事業の発展に寄与すること、これこそがTaobéコンサルティングの永続的なミッションだと考えています。

「 Taobéコンサルティングに依頼したおかげでたくさんの頭痛の種が消えました。登録手続きをこんなに早く終えられるなんて、彼ら以上のパートナーは想像できません。手続きにおける様々な心配もその度、解消してくれました。専門知識のあるチームが味方についているという安心感が一番大きな違いです。」

Kate B、法規制マネージャー、USA

「報告書とEC 1223/2009規制(EU化粧品規制)に関する私たちの質問への回答の質と正確さに満足しています。過去にコンサルティング他社とも仕事しましたが、他では有効性試験や製品安全データシート、各原料の分析証明書などの詳細な書類は求められませんでした。当局の審査が入った場合もTaobé にまかせていれば大丈夫だという安心感がありました。」

Seo-Hyun P、品質管理マネージャー、韓国

 

 

Taobé は複雑な登録手続きをスムーズに行ってくれました。変わらぬサポートに感謝しています。」

Thiago M、CEOブラジル

EU加盟国外の化粧品オンラインショップ

 

日本から EU諸国、イギリスの消費者向けに商品を発送している場合

現在のEU化粧品規制 1223/2009 は、EU加盟国内だけでなく、欧州市場に向けて化粧品販売を行っているEU加盟国外すべてのオンラインショップにも適用されます。販売先が個人消費者の場合も、同規制に準ずる必要があります。

 欧州化粧品規制は、EU加盟国やイギリスの消費者に対して化粧品を販売する全ビジネスを対象としています。

EU化粧品規制1223/2009は、製品情報ファイルの作成 (PIF)、欧州化粧品システムへの通知(CPNP) 、そして欧州拠点責任者(RP) が必要としています。

上記の3点を行わず、EU加盟国/イギリスの消費者へ商品販売を行い、商品を発送することは、厳密には法律に違法した行為です。しかし現状、同規制に準拠せず、欧州の消費者に化粧品を販売しているビジネスが存在しています。

EU加盟国やイギリスの税関では検査が行われていますが、検査時に商品が登録されていないことが判明した場合、発送した商品は税関で差し押さえとなる可能性があります。これまでに運良く、検査されても監査が行われないまま税関をクリアーしているケースも多くあります。それらの化粧品ブランド会社は通知されることもないため、同規制について知らないまま、法規制に違反して欧州の消費者に販売を続けていることになります。

同化粧品規制が適用されないのは、EU諸国の消費者が国外で商品を購入し、自国に持ち帰った場合のみとされています。

化粧品を欧州、イギリスへ輸出      まずは処方レビューをご希望の企業さま

成分チェック (成分の適合性 + 毒性分析 ) は登録手続きの第1歩です。これをクリアしていない製品は、欧州やイギリスへ輸出することはできません。すべての必須検査を実施する前に、配合されている成分がEU化粧品規制に準拠しているかどうかをお調べすることができます。

当社の専門家が成分を分析し、EU化粧品規制に準拠しているかどうかをお調べします。準拠していない場合には、これをクリアするために必要なものをお伝えします。成分チェックを行うには以下の3つが必要になります。

  • 成分リスト
  • 各原材料の分析証明書(COA)
  • 各原材料の製品安全データシート(MSDS)

手続きに関する情報・サービスのご依頼は、ウェブフォームより日本語でお気軽にお問い合わせください。貴社の戦略に合わせたコンサルティングサービスを提供します。

お見積もりのご依頼

ご希望される登録品数とそれぞれの製品についての使用原材料の数、また主要配合成分が同じ製品がある場合には香料や色の違いがあるかどうかなどの情報をご用意いただけますと、すぐにお見積もりが可能です。

「大至急、欧州、イギリスへ輸出販売したい」お急ぎの場合もご相談ください

すぐにでも登録手続きを完了させたい場合は、メッセージ欄にてご希望の期日をお知らせください。期日までに登録が完了するよう、スケジュールをご提案させていただきます。

お困りですか?

当社のウェブサイトをご覧になってご質問がある方はどうぞお気軽にご連絡ください。欧州、イギリスでの化粧品登録について無料でアドバイスさせていただきます。

「まずは成分だけでもEU基準内かどうかを確認したい…」

成分チェックも当社へおまかせください。ご依頼する製品ごとに使用原材料の数をお知らせいただき、成分や各原材料の分析証明書(COA)と製品安全性データシート(MSDS)をご用意ください。